FXで可能な注文方法を複数ご紹介!

どんな注文方法があるのか知る

おすすめの注文方法とは

たくさんある注文方法の中で、最も簡単なのが成り行き注文だと言われています。 初心者は、複雑な注文方法はまだ理解できないでしょう。 無理に難しい注文方法を使って、間違ったら損失が多くなるので大変です。 初心者は、成り行き注文でまずはFXの取引に慣れてください。

希望のレートを伝えよう

この価格で取引をしたいと、決まっている人もいるでしょう、 ですが自分の希望通りのレートになっていないことがあります。 その時は、予約をしておくのが良い方法です。 希望のレートを予約して、その通りのレートになったら取引をする注文方法があるので使いましょう。

1度に2つの注文ができる

指値注文では、価値が下がったら来通貨を買うと言うように、1つの注文しかできません。 ですが価格が下がったら購入して、その後に価格が上がったら売りたいと言うように、2つの注文を1度に済ませる方法があります。 それをイフダン注文と呼んでいます。 OCO注文もあるので内容を調べましょう。

成り行き注文を理解しよう

成り行き注文や指値注文など、FXで使える注文方法にはそれぞれ名前が付けられています。
ですが名前を見たって、どのような注文方法なのか具体的なことは分からないでしょう。
これからFXをする時に、注文方法は欠かせない部分です。
必ず理解してから、取引を開始しましょう。
まずは成り行き注文です。
成り行き注文は、現在の価格で取引をすることを言います。
最も簡単な取引だと言われるので、FXの初心者におすすめされています。

指値注文は、レートを自分で選択できます。
今はまだ、希望のレートになっていないかもしれません。
その時は取引を進めないで、代わりに自分の希望するレートを伝えてください。
希望のレートになったら、取引を進めることができます。
逆指値注文という方法もあるので、混同しないように気を付けてください。
今のレートより高くなったら買う、また安くなったら売ると言うように、普段の指値注文とは逆のパターンになる時に、逆指値注文を使います。

また2つの注文を、同時に伝えることができる方法もあります。
イフダン注文や、OCO注文がこれに含まれます。
注文を1回で2回伝えられる部分は便利ですが、内容が少し複雑なので、どんな時に使えば良いのか必ず調べてから活用してください。
FXを成功させるために、注文方法を理解することが大事です。
常に同じ注文方法ではなく、その時に応じて使い分けると良いでしょう。
どんな時に、どの注文方法が良いのか知ってください。