>

希望のレートを伝えよう

取引を進めやすくしよう

今のレートは通貨の価格が高くて、取引をしたくないと思うことがあります。
その時は指値注文をしてください。
指値注文とは、レートが希望の価格に下がったら取引ができるシステムのことを言います。
レートが150円になっていて、100円になったら取引をしたい場合はそう伝えてください。
レートが切り替わった時に、自動で取引が進むので便利です。

これまでは、相場の変動を付きっきりで見ていた人がいるでしょう。
そのような手間を省けるので、指値注文を使っている人が多いです。
1度予約をしても、レートが切り替わるまではキャンセルできるので安心してください。
もっと安い価格になってから買いたいと思ったら、キャンセルして予約をし直しましょう。

逆のパターンもある

普通の指値取引では、通貨の価格が安くなった時に買ったり、高くなった時に売ったりします。
ですが逆指値注文というものがあって、その場合は文字通り逆のパターンになります。
通貨の価格が高くなったら購入して、安くなったら売ります。
逆指値注文は、損失を少なくしたい時に使える方法です。
100円で購入した通貨の価値が、これから下がってしまうことがあります。

そんな時に逆指値注文の予約をしていれば、価格が下がった時にすぐ手放せます。
利益を得られるのは良いですが、損失があるのは少し怖いですよね。
失敗の被害を最小限に抑えたい人は、逆指値注文を使った方が良いです。
指値注文と逆指値注文を活用すれば、安全に利益を大きくすることができるでしょう。


この記事をシェアする